ドンゴラ

6月3〜5日

エジプトを出発し、船でスーダンへ!船の中は人や荷物がたくさんで、もうぐちゃぐちゃ。笑 確実に重量オーバーしてるでしょってくらい詰め込んでます。IMG_4975

今日の寝床は船内の床。この床にライフジャケット敷いて寝ました。人多すぎて座る場所も確保できないような状態だったので。めちゃくちゃ埃っぽい… 鼻くそが真っ黒に。笑IMG_4977

そんな船内でまる1日を過ごし、昼過ぎにスーダン側の国境、ワディハイハという街に到着。話には聞いていたし、予想もしていたけど、それでもやっぱりスーダンは熱かった!持っていたペットボトルの水が一瞬で熱湯になりました。笑 いや、これまじな話で、ふつうに熱くてびっくり。国境から街まで乗り合い軽トラみたいなので行ったんだけど、顔に当たる風の暑いのなんの。ちょっとぬるいサウナにいるみたいでした。

ワディハイハの街は何もない小さな街だったので、その日のうちにドンゴラという街まで移動。乗り合いバスで5時間くらい。バスといっても普通のバンなのに、ぎゅうぎゅう詰めにされるこの感じ。アフリカ来たー!3人がけのシートに4、5人座らされます。暑いし、キツい。しんどい移動でした。

ドンゴラ到着。国境からずっとそうだけど、スーダンはどこも砂漠地帯。ドンゴラの街も砂漠の中に街があるって感じです。IMG_4980

街を歩いてたら、みんな写真撮れ!って声かけてくる。カメラ向けたらポーズ取り出すし、スーダン人みんな人懐っこくて良い人だらけ。IMG_4981

子どもたち。ちょっと照れたりしてるところが、なんか可愛い。IMG_4992

それにしても、スーダン暑い…笑 夜になっても全然涼しくなりませんw ここの宿はクーラー付きの部屋選んじゃったから、ほぼ1日中部屋の中にいたなあww 1日に4リットル以上コーラ消費してました。喉が渇くこと渇くこと。そしてスーダンで飲む炭酸ビンジュースの一気飲みはまじで最高。1本20円くらい。安いです。良い飲みっぷり!DSC_0261

ドンゴラの街はそんなに大きくはないんだけど、スーダン北部では1番大きい街みたい。宿の前の通りはこんな感じ。緑も少しあります。スーダンを観光するのはいろいろめんどくさくて、ビザ代払ってるのに入国して72時間以内に警察署でまた滞在するためのお金払わなくちゃいけなかったり、街ごとに滞在登録の申請したりとけっこうめんどくさい… IMG_4995

けっこう露店なんかがいっぱい並んでました。どのお店も同じような物ばかり売ってる。笑IMG_4996

IMG_4997

カメラを向けると、、、イェーイ!! ノリが良いスーダン人。IMG_4999

そんなスーダンでの食事は、肉!鶏肉!肉焼き機みたいなのでグルグル回しながら焼いてて、外パリってしてるのに中はジューシーで、これはかなり美味かったです。DSCN3383

ただこの食事、スーダンではどこのお店に行ってもこの鶏肉とパンの組み合わせと、豆とパンの組み合わせの2種類しかない。選択権が無いんです。笑 最初の数日は良かったけど、だんだんご飯は恋しくなるし、鶏肉も飽きてくるわで、スーダンでの食生活はかなり大変でした。結局スーダンを抜けてエチオピアに入るまで、ほとんど毎日、毎食この組み合わせ食べてました。DSC_0198

 

ブログランキング参加中です!クリックお願いします♪
http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/

広告
カテゴリー: スーダン | コメントをどうぞ

アスワンとアブシンベル神殿

5月29日〜6月2日

カイロを足早に抜けだしやってきたエジプト南部の街アスワン。夜行列車で12時間くらいで到着。列車を降りた瞬間押し寄せてきた、むわっとした熱気。カイロも暑かったけど、それ以上の暑さです。温度計見たら、日中の温度43℃でした。暑すぎwIMG_4911

アスワンでこんなに暑いのに、スーダンはもっと暑いらしい。日中の気温50℃だとかなんとか。そんなとこに行く僕もなかなかの物好きですね。さっそくスーダンビザを取りにスーダン大使館へ。カイロでスーダンビザ取ると100ドルもするのに、アスワンで取ったら半額の50ドル。なんでこんなに金額が違うんだろう。

アスワンにはナイル川や、巨大なアスワンハイダムなんかがあって、街自体はこじんまりとした観光地って感じかな。メイン通り沿いに宿もレストランもスーパーもあったから、便利でした。まあ暑すぎて日中はとても外出れないけどねw クーラーの効いた部屋でダラダラしてました。IMG_4910

やっぱりこの暑さは現地の人にも堪えるみたいで、日中はエジプト人もあんまり行動しないみたい。日が暮れるとみんな外に出てきて、夜の駅前の広場とかに集まって談笑してます。IMG_4965

アスワンで見つけたコフト屋さん。トルコで食べたキョフテと同じやつかな。IMG-20130601-00289

これサラダと一緒にパンに挟んで毎日食べてました。美味い!IMG-20130601-00288

アスワン滞在中やることがなかったので、世界遺産にもなっているアブシンベル神殿まで日帰りツアーに行ってみました。このときすごい不思議に思ったことがあって、エジプトからスーダンへ行く方法は、アスワンから週1回か2回出てる船で24時間かけて国境を超えて行く方法しかないんです、今のところ。でも地図見てみたら… アブシンベルってほとんどスーダンとの国境近くにあるじゃん!!アブシンベルからスーダンまで陸路で行けるようにしてくれたらいいのに。そしたらもっと移動が楽になるのになあ。ちなみに、地図1番下の白枠で囲ってあるとこがアブシンベル、その右上の白枠がアスワン。
20080429105941

そんなことを思いながら日帰りでアブシンベルへ。朝3時起き。車ぶっ飛ばして3時間程度で到着しました。朝早く、まだそんなに暑くないうちに見ろということですね。入場すると横には大きなナイル川が。数日後にはこの川を船でまた戻ってくるのかと思うと、なんだかすごくめんどくさい気持ちに。笑 しかも、船からアブシンベル神殿見えるらしいし。なんだかなあ。笑IMG_4922

ちょっと川沿いを歩いて行くと、ものすごく迫力のある建物が!岩盤を掘って作ったらしいこの神殿、見た目のインパクトもすごいけど、中の素晴らしさもハンパないです。写真は取れなかったけど、壁にはびっしりと壁画が。そもそもこんなキレイに岩をくり抜くこと自体すごい技だなあと。関心しきりでした。IMG_4925

間近で見る石像たち。けっこうデカいです。5mくらいはあるかな?なんでもこの神殿、太陽神ラーが祭神なんだって。小学校のとき、ラーって名前の遊戯王カードあったなあ。IMG_4927

足下には小さな石像も。IMG_4934

壁画とか見てみると、遊戯王のアニメで見たやつみたいだったから、なんか感動。笑IMG_4933

この大神殿の向かい側にも大きな岩山が。人だかりがあったので、そっちにも行ってみると…IMG_4940

こっちにも神殿がありました。さっきのよりは小さいけど、こっちにはハトホル女神っていう祭神がいます。この神殿の中はちょっと狭いかも。でも同じように壁画はびっしり描かれてます。IMG_4945

IMG_4949

そんな感じで観光して、朝10時くらいに出発。もうこの時間になると太陽カンカンで暑すぎる。帰りの車の中は汗ダラダラでした。アスワンに戻って宿でダラダラしながらスーダン行きのフェリーを待ちます。

そしていよいよスーダン行きのフェリーの日。週に1便か2便しかないから、チケット取れなくて数週間待ったなんて人もいるらしいこのフェリー。カイロで予約してたからなんとか前日にチケットもらえて乗ることができました。朝フェリー乗り場のアスワンハイダムまで行くと、ものすごい人だかり。しかもみんな荷物いっぱい。あちらこちらでエジプト人がケンカしてるし。こっちの人たち順番に並ぶなんて絶対しないから、人だかりの中でもみくちゃにされながら前へ。DSC_0188

無事に出国手続きを終え、フェリーまで。イミグレでマラリアの予防薬を配布してるし、いよいよ本格的にアフリカって感じになってきました。明らかに店員オーバーなこのフェリーで24時間過ごしたあとは、灼熱の国スーダンへ。人がぎゅうぎゅう詰めだったからイスに座れず、救命チョッキを油だらけの床に敷いて、その上で一夜を過ごしたのは良い思い出です。笑DSC_0191

 

 

ブログランキング参加中です!クリックお願いします♪
http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/

カテゴリー: エジプト | コメントをどうぞ

カイロ

5月25〜28日

ものすごく尾心地の良かったダハブ。このままいたらズルズルと長居してしまいそうだったので、重い腰を上げて首都のカイロまで行くことに。夜行バスのクーラー効きすぎで寒すぎてお腹壊して、バス止めて荒野の真ん中で野糞したのはここだけの話w

ダハブはリゾート地て感じだったから、カイロに来てやっと少しアフリカっぽくなってきたー!宿の前の道。久しぶりのごちゃごちゃ感になんだかテンションが上がる。IMG-20130525-00276

いやー、エジプトってなかなかの都会なんですね、地下鉄もしっかり走ってます。どこまで行っても15円。安い。でも切符落として無くしちゃって、罰金200円くらい払わさせられました。なんか悔しい。IMG_4817

到着してさっそくエジプト博物館へ。中は写真撮影禁止だから写真とってないけど、ミイラだったり、石碑だったり、古代エジプトの遺物がたくさんありました。IMG_4801

街中の壁にはこんなの描いてあったり。IMG-20130526-00278

エジプトの人はなんだかとても人懐っこい。ヨーロッパから来たから余計そう感じるのかもしれないけれど。世界三大ウザい国とか聞いてたけど、そこまでウザい人もいなかったし、面白い人が多かったなー。IMG_4819

夜になっても露店とかたくさん出て盛り上がってました。カイロはとにかく露店が多かった。歩道でやってるから昼なんかは特に人がごった返してるし、めちゃくちゃ歩きにくい。笑IMG_4813

スーダン行きのフェリーの関係(週に1便しかない)で、カイロはちょっとだけの滞在。だから正直あんまり観光とかしてないなあ。時間があればベリーダンスとか観に行きたかった。エチオピアビザ申請したり、フェリーのチケット買うために朝早くから並んだり。せわしなく動いていたカイロでの日々。笑

エジプトといえば、ピラミッド。正直行くか迷ったんだけど、近くだったしエチオピアビザ申請の合間に行ってきました。地下鉄とバスを乗り継いで近くまで。けっこう離れてるのに、大きいから良く見えます。IMG_4822

いざ、入場してみると… どーん!デカい。なかなかの迫力。IMG_4831

ラクダとピラミッドは絵になるなー。IMG_4832

そんなラクダさんの、どアップ。ブサ可愛いとはこのことか。IMG_4857

ピラミッドに近づいてみると、1つ1つの岩がめっちゃ大きい。これどうやって積み上げたんだろう…IMG_4839

ピラミッドを真下から上を見上げると。。。こんな感じ。高っ!IMG_4833

この1番でっかいピラミッドは中に入ることが出来ます。上の写真の左の方にある、人が立ってるくぼみの場所から入場。中は狭くて暑いので、気をつけて。中腰になりながら階段を登っていきます。IMG_4887

そしてたどり着いたクフ王のお墓。とりあえず入るよね。笑IMG_4902

1番大きなピラミッドの後ろにはあの有名なスフィンクスが。真正面に行くとピラミッドとスフィンクス一緒に写真撮れます。IMG_4861

横から写真撮るとスフィンクスとキス出来ちゃいます。なんかはしゃいでるみたいだけど、暑くて死にそうでした。ピラミッドは飲みのも高いから、持って行った方がいいかも。飲み物代ケチってたら熱中症っぽくなっちゃっいました。IMG_4855

実はここ、ギザ地区には大小3つのピラミッドがあります。その3つが並んで観れる絶景ポイントがあるというので行ってみることに。何にもない砂漠の中のアスファルトを、けっこう歩きました。2、3キロくらい?すぐそばをたくさんの人乗せたクーラーがんがんの観光バスが走り抜いていく。どれだけ羨ましかったことか。笑IMG_4844

そして絶景ポイントに到着。ピラミッド3つ並んで見えました。ちなみに僕の脇毛は剃ってるんじゃなくて元々薄いんです。ヒゲなんて8ヶ月剃ってないのに全然生えてこないからね。IMG_4879

ピラミッド観光の後はエチオピアビザ受け取って、夜行列車でエジプトの南のアスワンという街へ。ほんとにちょっとしかいなかったカイロ。めっちゃ美味しいアイスクリーム屋さん見つけたし、白砂漠も行けなかったから、次はゆっくり観光したいな。

 

ブログランキング参加中です!クリックお願いします♪
http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/

カテゴリー: エジプト | コメントをどうぞ

沈没船ダイビング

5月22日

今日はライセンス取得後初めてのダイビングツアーに参加。アドバンス(30mまで潜れるやつ)のライセンスを持ってないと行くことのできない、沈没船を見に行ってきました。

この沈没船、1941年の第二次世界大戦中にドイツ軍に砲撃されたイギリスの船で、場所はダハブから車で3時間、シャルム・エル・シェイクというリゾート地からさらに船で2時間くらいの紅海のど真ん中に沈んでいます。いやもう、沈没船とかテンション上がりまくりなわけで。宝探しするぞー♪なんて大はしゃぎしながら朝3時に出発。

車の中も船の中も爆睡してたので感覚的にはあっという間にダイビングポイントに到着。心配だった船酔いもそこまでヒドくなくて一安心。さっそく1本目のダイブ開始です。ライセンス講習中は全部ビーチエントリー(浜から入る)だったから、初めてのボートエントリーでかなり緊張。IMG_4787

飛び込んだ瞬間、足がつかない怖さと、けっこうな波の高さにビビりまくり。一瞬まじで無理だと思っちゃいました。「無理無理」って叫んでたからね。笑 潮の流れがけっこうあるので、潜る時はロープを掴みながら。これ離したらマジでどこかに流されそうになる… DCIM101GOPRO

そしてロープを伝って潜っていくと、見えてきました沈没船!魚もたくさん!DCIM101GOPRO

1本目のダイビングは、船の外側をぐるっと見学。潮に流されないように必死に足を動かしてました。カナヅチだから足かきとか下手くそなのね。だから1本目終わったときにはもう、くったくた。笑DCIM101GOPRO

沈没してから70年もの月日が経ってるのに、船の形はそのまんま。甲板や道具なんかもしっかり残ってます。なんだかものすごい探検をしてるみたいで、ワクワクがハンパない。DCIM101GOPRO

DCIM101GOPRO

船の周りには、思ってた以上にいろんな種類の魚たちもいました。住み家になってるのかな。DCIM101GOPRO

こんな感じで約40分、船の周りを見て1本目のダイビング終了。船の上で休憩タイム。寝て体力の回復に努めます。ダイビングって思ってる以上に体力消耗するんだよなー。正直しんどいです。笑

そして2本目のダイビングは沈没船の船内へ!ここには積んでいたオートバイやトラック、武器なんかがそのまま眠ってるらしい。中は暗いのでトーチライトを持ってスタンバイOK。狭い入り口から入ります。DCIM101GOPRO

中は光がないところもけっこうあって、ライトなしじゃ潜れない感じ。キレイに並べられたオートバイやトラックも見つけました。カメラ電池切れで写真とれなかったけど、しっかり目に焼き付いてます。DCIM101GOPRO

ダイビング中、光が差し込む船内から上を見上げると… DCIM101GOPRO

キレイだったなー!!

このあと、昼食休憩を挟んで帰り道の国立公園で3本目のダイブ。めちゃくちゃ大きなサンゴ礁がキレイすぎて感動。大満足のダイビングツアーでした。

最後に一緒にライセンス取って、毎日一緒にご飯食べて、トランプして、沈没船にも行ったメンバーとの1枚。ものすごく濃い10日間でした。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ブログランキング参加中です!クリックお願いします♪
http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/

カテゴリー: エジプト | 1件のコメント

ダハブpart2

5月20日

今日はダイビングのライセンス講習最終日。ダハブから車で30分くらいのところにある、キャニオンとブルーホールという2つの有名なダイビングスポットへ!一応講習ということで、スキル練習も少しやったけど、ほとんどファンダイブだったかな。車に機材を積み込んで準備完了。のはずが、お腹の調子がすこぶる悪い。ダイビング中もこれで泣かされるハメに…笑Dahab-20130520-00264

1本目はキャニオン。ここでは、いろんな種類の水中生物が見れるらしい。海の中キレイすぎてテンション上がりまくり。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真がね、ごちゃごちゃになっててキャニオンで撮ったやつかダハブの宿の目の前の海で撮ったやつか分からなくなったんだけど… キレイに撮れてるから載せときます。笑 そんだけキレイだよってことで。笑DCIM101GOPRO

ここにはたくさんの魚たちや、キレイなサンゴ礁があって、ウミガメなんかも泳いでいたり、ナポレオンっていう巨大な魚がいたり。海の中の景色がキレイすぎて、あっという間の30分だったなあ。Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

キャニオンを潜り終わった後は、また車に乗ってブルーホールまで移動。海のそばは砂丘っていうか山になってて、緑が1つもない場所。なかなか見晴らしの良いこの場所でお昼休憩。IMG_4755

機材は自分たちで降ろして準備します。この機材たちがめっちゃ重い。笑 海の中に入ったら楽だけど、陸で装着してる間の疲労感はハンパないです。IMG_4760

そしてこのブルーホール、ビーチからちょっと進むと一気に水深120mくらいの深さになるらしい。だからブルーホールって名前なのね。IMG_4758

実際に潜ってみると、本当に底が見えない… アドバンスのライセンスだと水深30mが限界なのでそこまで潜ってみました。DCIM101GOPRO

ブルーホールの中で記念撮影♪ ど真ん中辺りにいくと左右の壁も見えなくなって底も見えないから、ただ青い景色の中にいるという、不思議な感覚も味わいました。DCIM101GOPRO

そんなこんなで無事、5日間の講習終了。そしてダイビングのライセンスゲット!カナヅチでもなんとか取れました。笑 ご褒美にダハブ名物のマンゴーマンゴー。マンゴージュースにマンゴーアイスという贅沢な組み合わせ。ハマって毎日飲みに行ってたなあ。笑 他のフルーツの種類もあります。写真はメロンバニラ。これも絶品。IMG-20130521-00269

 

ブログランキング参加中です!クリックお願いします♪
http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/

カテゴリー: エジプト | コメントをどうぞ

ダハブ

5月15〜19日

エジプトのヌエバという街にフェリーで到着。スムーズに入国を済ませていざアフリカへ。エジプトに入った途端、タクシーの客引きや人の感じが一気にアフリカっぽくなってきたかな。タクシーを捕まえてエジプトで有名な沈没地ダハブへ。1時間くらいかかったのにたった600円。物価もどんどん下がってきてます。

ダハブはダイビングのライセンスが安く取れるリゾート地として有名。旅人に人気のスポットです。別名「恋するダハブ」なんて言われてて、ここでカップルとかけっこう出来てるみたい。期待に胸を膨らませながらダハブの宿へ。

ダハブは小さな街で、宿の目の前は海!徒歩数十秒で海に入れる最高の立地です。僕はカナヅチだから泳がなかったけど(笑)、ここでするシュノーケリングは最高らしい。IMG_4775

メイン通りにはお土産やがいっぱい。シーシャに、ゆったりしたカラフルなパンツに、欲しいものがたくさんあったなー。IMG_4777

さて、ダハブにきた1番の目的は、「恋するダハブ」で恋することだったんだけど、せっかくなのでダイビングのライセンスを取ることに。5日間のコースでオープン&アドバンスのライセンスが取得できます。日本人インストラクターの人がいるので、言葉の面など安心して講習を受けられるのも魅力的。

申し込みしたらさっそく分厚い教科書を手渡されて、猛勉強の日々。覚えることがたくさん。命に関わることだから、そのへんはしっかりと。

そして次の日からさっそく講習開始。ダイビングは去年1回やったことがあるだけ。カナヅチだから水の中で息するのなんだか怖いなー、なんて思っていたけど、意外とすんなり出来たかな。気持ちいいー!!ただ、海から上がったあとの脱力感がハンパない…笑Exif_JPEG_PICTURE

海の中にはサンゴ礁にタツノオトシゴ、魚もたくさん。めっちゃキレイで感動しまくり。Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

ライセンス講習中は楽しむというよりしんどかったなあ。笑 毎日くたくたになってました。水中でダイビングを安全にするためのいろんなスキルの練習。マスクに水が入ってきたことを想定して、マスククリアして水を吹き出したり、マスク外して水中で目を開けて泳いだり。Exif_JPEG_PICTURE

レギュレーターっていう酸素を送ってくれるホースを外してみたり、水中で生き物を傷つけないために中性浮力を保つ練習をしたり。Exif_JPEG_PICTURE

アドバンスの講習では水中でコンパスなんかを使って移動する練習なんかもしました。水中って方向感覚とかつかむのがすごく難しい。Exif_JPEG_PICTURE

毎日宿題とテストして、潜って、ダイビング漬けの日々でした。一緒に講習を受けた他のメンバーは全員男で、一緒にメシ食べて勉強して、遊んで、まるで部活動みたいな懐かしい日々。あれ、恋するダハブはどこに行ったんだ?笑

ライセンス講習最終日は有名なダイビングスポットでのファンダイブ!楽しみ!

 

ブログランキング参加中です!クリックお願いします♪
http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/

カテゴリー: エジプト | コメントをどうぞ

ヒッチハイク縦断

5月14日

さて、物価の高すぎるイスラエルをあとにし、エジプトのダハブまで一気に目指します。実はイスラエルはヒッチハイクするのは簡単で、よく欧米人たちがしてるって話を聞いてたので、ヒッチハイクをしてみることに!スペインでの嫌な思い出がよみがえる…笑

イスラエル最南部にあってエジプト、ヨルダンと国境を面しているリゾート地のエイラットを目指します。距離は約300キロ!

エルサレムの街中からヒッチハイク開始。でもなかなか止まってくれない… 簡単だって聞いてなのに!場所を変えながら何度も挑戦してたら、ガソリンスタンドのおっちゃんから「ここでするのは難しいよ。ベルシェバまで行けば大丈夫だ」ってアドバイスをもらいます。ってことでベルシェバまではバスで移動。笑 エルサレムより少し南にあるキレイな街です。ヒッチハイクに夢中で写真1枚も撮ってなかった…残念。

ベルシェバに到着後はさっそくヒッチハイク開始。警察にヒッチハイクポイントを教えてもらって、その場所まで移動。10分くらいで止まってくれました。1台目。数十キロ先まで連れて行ってもらえることに。イスラエルの人は英語が堪能な人が多くて、車の中で政治や歴史など、いろんな話を聞かせてもらいました。

荒野のど真ん中で1台目の人とばいばいして、再びヒッチハイク開始。2台目もすぐに止まってくれました。イスラエルの南部の方は荒野がずっと広がってます。けっこう暑いです。軍の練習基地なんかもあって、戦車がたくさん置いてあったり。北の方に行けば自然がたくさんあるみたいです。IMG_4732

2台目の人に降ろしてもらった場所は国立公園になっているらしく、目の前には景色がめっちゃキレイな砂漠が。イスラエルにもこんな場所があったんだー。IMG_4741

どこまでも続いてます。IMG_4740

そして3台目の車のおじさんの目的地はエイラット。ということでその国立公園からエイラットまでは一気に行くことができました。エイラットはダイビングが有名みたい。大きなショッピングモールもあってザ・リゾート地って感じです。1泊しようかと思ったけど宿代がかなり高かったのでそのまま出国することに。

向こうに見えるのはヨルダン。反対側にはエジプトがあります。IMG_4745

本当はエジプト側へ陸路で抜けたかったんだけど、ビザの問題などでヨルダン側から出国することに。この問題かなりめんどくさいですよー。エジプト側の入国スタンプがあったらイスラエル行ったことがバレるから入国できない国が出てくるとか、陸路でエジプト入国したらシナイ半島のみのビザしかもらえない(カイロに行けない)とか。ややこしすぎて最後までチンプンカンプンでした。笑 とりあえず一度ヨルダンへ入り、船でエジプトへ向かうことに。遠くに見える大きな船に乗ります。IMG_4746

イスラエル国境を無事に抜けて、いざヨルダンへ。インディージョーンズで有名なペトラ遺跡や、首都のアンマンなんかも行ってみたかったけど、今回はなし。まさかのヨルダン滞在時間、今までで最短の1時間程度でした。笑IMG_4748

ヨルダン国境からタクシーを拾ってアタバの船乗り場まで。途中で晩ご飯を買うために寄ってもらったアタバ(港町)の中心地。イスラエルとがらっと変わって少しだけ物騒な雰囲気に。IMG_4751

値段もがらっと変わって、ご飯がめちゃくちゃ安かったです。IMG_4750

船乗り場に到着後はさっさと出国を済ませて出発時間まで待機。5時間くらい遅れながらも無事に出発。明日の朝にはいよいよアフリカ、エジプトinしまーす。IMG-20130515-00260

 

ブログランキング参加中です!クリックお願いします♪
http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/

カテゴリー: イスラエル | コメントをどうぞ