アディスアベバ

6月19〜22日

この日は朝4時に起床。事前に予約していたランドクルーザーで首都のアディスアベバまで快適な移動!のはずが、現れたのは大型バス… しかも出発しない… 結局バスは動かなくて、お金も返って来ず。また騙された!笑 文句言いに行って日程がずれるのもイヤだったので泣く泣くミニバンを捕まえてアディスアベバへ!ハイエースくらいの大きさのバンに20人くらいが乗って約12時間の道のりです。これがめちゃくちゃキツかった。バハルダールは観光地だから、ここから首都までの道は整備されてると思ってたのに、実際はひたすらオフロードの道のり。デコボコ道をぶっ飛ばすから、天井で頭打ったり大変でした。笑

そして夕方にアディスアベバへ到着。さすがに首都まで来ると道路なんかもしっかりしてます。IMG_5232

こういう大きな道路は基本中国が作っているみたい。こんな看板をよく見かけました。IMG_5228

さすが首都だけあって、バスターミナルは大きい。毎日たくさんのバスがここから出発します。朝の混み具合がハンパ無いwDSCN3400

路線バスに乗り換えてとりあえず宿まで。この時期のエチオピアは雨期で、毎日雨が降ってくるので困りました。途中バスの窓からショッピングモールを発見。なんか面白い形してる。笑DSCN3386

さて、アディスアベバではゆっくりWIFIを楽しもうと思っていたのに、ちょうどこのとき街全体でネット回線が使えなくなってたそうな… そんなことあるんだ!笑 結局エチオピアではどこでもネット使えなかったなあ。

アディスアベバですることはソマリランドのビザをゲットすること!ソマリランド大使館へ向かいます。IMG_5235

大きい道路は周りにある建物なんかもしっかりしてるんだけど、一歩小道に入るとこんな感じ。DSCN3397

DSCN3391

この兄ちゃん鶏両手で持ってるし!しかも生きてるよ!ワイルド!!DSCN3390

歩いてると街のあっちこっちで工事してる。これが急成長国なのかーってしっとりと感じてました。日本だと最近あんまり見ないもんね、工事してるとこ!IMG_5236

ダンプカーの横?に乗ってる兄ちゃんの笑顔がステキだった。IMG_5238

工事現場ばっかりかと思うとそうでもなくて、緑がキレイな場所も意外とたくさん。DSCN3387

ソマリランドビザは簡単に取れすぎたので書きませんw ものの30分くらいだったかな?ジブチビザは日本大使館からのレターとかいりますよ!

さあ後はアディスアベバで何してたかって言うと、、、ジャーン!!IMG_5459

これ実は温泉なんです。日本を出て初めての温泉。こっちの人たちは個室で入るみたい。久しぶりの湯船、気持ちいいー!IMG_5460

温泉の後は生ビールを飲んでー。一杯40円くらい。激安。IMG-20130620-00326

美味しいと有名な韓国レストランに行って久しぶりのアジアンフードを楽しんだりしてました。IMG_5249

アディスアベバはなかなか魅力的な街だけれど、ソマリランドビザも取れたし他にすることもないので足早に次の街へ移動しまーす!

カテゴリー: エチオピア | 2件のコメント

バハルダール

6月17、18日

ゴンダールを出発し、バハルダールへ。50ブルと安い大型バスを見つけるも、人が集まらず3時間バスの中で待機。移動に約4時間。結局1日使ってしまったw

バハルダールはナイル川の源流などがある有名な観光地なので、インフラ整備もしっかりしていました。今までが今までだったので、道路のキレイさや、しっかりとした建物を見て感動。IMG_5197

歩道もしっかり整備されていて、ザ・観光地って感じの街でした。レストランやお店もたくさんあって、一歩路地に入れば地元の人たちの市場なんかが点在してて。IMG_5194

花なんか売っちゃってオシャレだなー。日本でも買ったことないのに。笑IMG_5192

ぶらぶら歩いてるとH&MやGAPの看板が!いやいや、そんなわけないやんと思いながら多少期待しつつお店の中に入ると…やっぱりただ看板が置いてあるだけでした。笑IMG_5225

でも建物の作り方はとっても原始的。こんないろいろむき出しで作って大丈夫なの?笑IMG_5193

次の日はナイル川の源流になっている滝へレッツゴー!のはずが、バス代の値段が聞いていた値段よりも格段に高かったから止めることに。笑 ぼったくられてるのか、本当に値上がったのか分からないエチオピア。笑

なので少し歩いたところにある湖のほとりへ散歩へ。湖畔には高級ホテルがあって、そこのカフェでWIFI使ったりしてました。建物も泊まってる人もキレイ過ぎてなんだか緊張wIMG_5226

湖の周りでは、現地の人たちが湖で体を洗っていたりIMG_5215

岩に座って日向ぼっこや談笑してたり。つたない英語同士でコミュニケーション取ったりするのが意外と楽しいんだよなー。IMG_5214

のんびりした日々を過ごしました。

カテゴリー: エチオピア | コメントをどうぞ

ゴンダール

6月13〜16日

朝の6時にスーダンのカッサラを出発。一気にエチオピアのゴンダールを目指します。何度かバスを乗り換え、国境に到着した時点で夕方の5時くらい。国境の街で1泊するか迷ったけど、この街の宿は良いところが無い上に、南京虫やダニの被害が出るという話を聞いていたので、1番近くにあるゴンダールという街まで行くバスを探すことに。でも結局今日のバスは全部出発しちゃってました…乗り合いバンなら最後の1本が残ってたので、それにすることに。でも今考えたら確実に値段ぼったくられてました。いきなり世界一ウザい国エチオピアの洗礼が!笑

そして夜10時くらいにゴンダールに到着。スーダンはあれだけ暑かったのに、ここはふつうに寒い。気温の変化にびっくりです。朝から何も食べてなかったので早速腹ごしらえへ。スーダンでは毎日パンとチキンだけの食生活だったので、久しぶりのパスタに大興奮。さらにさらに、スーダンはイスラムの国だからお酒売ってなくて飲めなかったんだけど、エチオピアではビールが飲める!生ビールも飲めます。いやー、感激でした。笑IMG-20130613-00308

そして久しぶりの米。エチオピアはイタリアの植民地だった影響か、パスタやピザがうまい!オシャレな料理も多いです。IMG-20130614-00312

食後には有名なエチオピアコーヒーを。味は美味しいけど、カップぎりぎりまで注いでくるからこぼれてるよwIMG_5153

そしてエチオピアはアボガドドリンクも有名らしいです。どこのカフェにも安くて美味しいアボガドジュースが売ってます。今までアボガドあんまり好きじゃなかったんだけど、エチオピアのアボガドジュースは最高。病み付きになって毎日飲んでました。IMG_5154

ゴンダールでは目星をつけていた宿が無くなってたので、地球の歩き方に書いてある安宿へ。最新版の歩き方に書いてある宿に行ったのに、料金が全然違う!倍くらいの値段になってました。結局交渉して歩き方に書いてあった値段まで下がったけど、エチオピア人、騙してきます。笑 宿の前の道。ゴンダールは昔、エチオピアの首都だったらしい。歴史ある街です。IMG_5156

街に繰り出すといろんな人が話しかけてきます。みんなフレンドリーなのか騙そうとしてるのか…笑 そんな中、仲良くなった青年たちに街を案内してもらうことに。IMG_5161

地元民の人たちが行く、現地の市場なんかに連れてってくれました。人も物もめっちゃごみごみしてる。IMG_5164

エチオピアは観光大国だから、ゴンダールにも高級ホテルがいくつもあります。すごいキレイで大きな建物。でも地元の人たちの生活はこんな感じ。ギャップがすごい。IMG_5167

寄り道した服屋にいた売り子の女の子。お母さんのお手伝いかな?IMG_5172

カメラ向けるとちゃっかりポーズとってる。IMG_5173

この日は半日、その仲良くなった青年たちに案内してもらい、なんと実家でエチオピアの伝統料理インジェラをごちそうに。雑巾みたいなあじがする。と、いろんな旅人から不評だったインジェラ。その味は…普通に美味しかった。笑 酸味が利いてて酸っぱいんだけど、辛い肉と一緒に食べたら全然いけます。IMG-20130615-00313

そのあとみんなでジュース飲みながらまったりして、そろそろ帰ろうと思ったときに事件は起きました!!なんと案内とか料理振る舞ってくれたエチオピア人たちからの工学請求。実際にそういう手口(1回仲良くなってからぼったくる)は多いらしいです。エチオピア入って早々に、まんまとやられました。笑 そこから口論の始まりです。でも向こうは6人くらいいるし、走って逃げようにもすごいローカルな場所来ちゃってるしで、結局いくらか払って帰りました。悔しいなー!もうエチオピア人は信用しない。笑

それから数日は気温の急激な変化のせいか、体調を崩して宿で安静にしてました。そのときたまたまW杯予選のエチオピアの試合があったんだけど、街はお祭り騒ぎ。この街で試合してるわけじゃないのに、部屋の中にも大合唱が聞こえてきます。どんだけサッカー好きなんだw さすがアフリカ。IMG_5180

ちょっと見に行ってみたら中央の広場に人が集まりまくってすごい騒ぎになってました。どうやら今日の試合は勝ったみたいです。南アフリカに。やるじゃんエチオピア。IMG_5179

そんなこんなでスタートしたエチオピア生活。毎日イライラさせられたり、ダニに悩まさせられたり、いろんな意味ですごく印象に残ってる国です。笑

カテゴリー: エチオピア | コメントをどうぞ

カッサラ

6月11、12日

ハルツームを出発しバスで10時間、スーダン東部にある街、カッサラへ。緑豊かなエチオピアに近づいてきたからか、バスの窓から見える景色が今まで砂漠一色だっかのに、ところどころ緑が見えるようになってきた!久しぶりの緑はテンション上がりますね。カッサラには国連やJICAのオフィスがあって、国内外からの避難民を受け入れていたり、復興支援が行われています。そのおかげか、道路も比較的キレイだし信号もキチンと設置されていて、けっこう大きな街でした。IMG_5134

カッサラへは、ある山が見てみたくてやって来たんです。それがこれ!遠くからでもよく目立つ、街のシンボル的な存在。パワースポットじゃないけど、眺めていたら不思議と元気になれる、そんな山でした。DSC_0381

本当はこの山を登りに行こうと思ってたんだけど、夕方からものすごい砂嵐が吹き荒れて、外に出れず… いや、本当すごかったです。さすが砂漠の国。右側から砂煙が押し寄せてきました。今まで快晴だった空の色が、どんどん茶色になっていく。DSC_0407

あっという間に砂埃に覆われてしまった。向こうが全く見えないし、息が吸いづらい感じがします。目とか砂入ってすぐ痒くなる。DSC_0413

街は人がたくさんいて、すごく賑やか。それに親切!道分からなくて困ってると、行きたかった場所まで見返りを求めずに連れてってくれる(他のアフリカの国だとだいたいお金請求される)。話かけてもすごいフレンドリーだし、改めてスーダンは「人」の国だなと感じました。IMG_5129

JICAが支援しているのもあってか、他の街では必ずチャイナ!チャイナ!と話しかけられていたけど、カッサラではそんなこともなし。みんなJICAのオフィスの場所知ってて、案内してくれます。笑IMG_5132

この街はすごく居心地が良くて、もう少し長いしたかったんだけど、問題発生!手持ちのお金が少なくなってきました。実はスーダンには海外キャッシィングカード対応のATMが無くて、お金の引き出しが出来ないんです。エジプトで多めに引き出しておいたんだけど、意外と出費がかさんで足りなくなっちゃった。ということでカッサラを出発し、エチオピアに向かいます。世界三大ウザい国インド、エジプト、モロッコ。噂ではそれを上回り世界一ウザい国というエチオピア。どんな生活(バトル)が待っているのが、意外と楽しみだなー♪IMG_5128

カテゴリー: スーダン | 1件のコメント

ハルツーム

6月9、10日

朝カリマを出発し、バスで約6時間、スーダンの首都ハルツームへ!途中砂漠のど真ん中でバスがエンストするハプニングが!そのくそ暑い中で修理が終わるまで待ってたんだけど、なんと砂漠の中でもWIFIが入るww こんな砂漠のど真ん中でもインターネットに接続できるなんて便利な世の中になったなあ。すごいことです。 おかげで退屈せずに過ごせました。暑さは相変わらずだったけど。笑

さて、ハルツームに到着しての感想ですが、なかなかの大都会でビックリ!今まで行った街が砂漠の国って感じ(それでもスーダンで上位に入る都市)だったので、首都はどんなのだろうと思ってたんだけど、高層ビルやクーラーの効いたショッピングセンターもあるし、かなり驚きました。地方格差がすごいんだね、この国は。IMG_5044

街中はごちゃごちゃしていて人もたくさん。イスラムの信仰心の強い国だからか、写真を向けると起こられることもしばしば… 街の景色撮りたいだけなのに。笑IMG_5041

これなんか、かなりオシャレな建物。IMG_5058

これだけ発展していてもここはスーダン。日中の気温は50℃近くと、暑さに抜かりはありません。笑 息すると若干鼻から暑い空気が入ってくる。笑 暑くてまともに歩けないので昼間はクーラーの効いたショッピングモールのカフェでゆったり。このショッピングモールなんて近代的なんだ!エスカレーターが珍しいのか、乗り口の前ではしゃいでる女の子たちや、どうやって乗っていいか分からなくてオドオドしてるスーダン人の人たちが可愛い。笑IMG_5054

夕方になって日差しが弱くなってきたので、ウガンダから流れてくるホワイトナイルとエチオピアから流れてくるブルーナイルの合流地点へ!世界一のナイル川だけあって、大きな橋がかかってます。IMG_5079

そしてここがブルーナイルとホワイトナイルの合流地点。ブルーナイルとホワイトナイルで色の違いがはっきりと分かるってガイドブックには書いてあったんだけど、全然分からない。笑 騙されたー!笑IMG_5075

草むらに降りて、近くまで行ってみたけど、やっぱりわかりませんでした。笑 でもそこにいた子どもたちがすごい可愛かったからオッケーということで。IMG_5093

ハルツームでは少しゆっくりしようと思ってたんだけど、暑すぎて夜もまともに眠れない感じだったので、足早に移動することに。なんでも6月はスーダンの1年のうち、もっとも暑い時期らしいので、次に来る時は時期をずらして来たいなあ。笑IMG_5045

カテゴリー: スーダン | コメントをどうぞ

帰国しました!

8月26日、273日に及ぶ世界一周の旅を終え、無事に日本へ帰国しました。IMG_9314

たくさんの人に支えられ、無事に旅を終えることが出来ました。ありがとうございました。

実家に戻ってきて一段落したので、この1年を振り返っての正直な気持ちを書きたいと思います。旅ブログがスーダンあたりで止まってますが、これからもぼちぼちと自分のペースで更新していこうと思います(笑) 楽しみにしてくれていた方、すいません。更新はするので、気長に覗いてみてください!

この旅の最終地点、アフリカ最南端のアグラス岬にて。IMG_8708

えーっと、この1年の振り返り。ということで、この1週間ブログの内容いくつか考えてました。正直に書いたらなんかくそ真面目で長文な内容になっちゃって、伝えたいことはこれじゃないなって思ったので載せるの止めました。笑 その間に新しいアパートも決まり、今引っ越し中です。笑

とにかく充実していたこの1年。でも帰国前には、今後についていろいろと考えることもありました。ただ帰国して1週間が経って、そんなことも吹き飛ぶくらい1番強く思うことがあります。それは、「おかえり」って言ってくれる人たちがいること、「ただいま」って言える場所があること。このありがたさ。ベタなことかもしれないけれど、日本に帰ってこの点についてはしみじみと感じました。これが僕の原動力な気がします。このことに気づけただけでも、海外に出た価値はあったかなと。

この1年で感じたこと、考えたこと、学んだこと… 挙げだしたらキリがない。いっぱい笑って、いろんなもの見て、たくさん悩んで、充実した1年間でした。そのへんは今後、報告会や講演等を行う予定なのでそのときに。これで一応一区切りついたわけですが、これからが大事だと思うので、この経験を糧に1つ1つ取り組んでいきたいです。

なんだかまとまりの無い内容になってしまったけれど、とりあえずこのへんで。

今後ともよろしくお願いします。

岡本和樹

カテゴリー: ブログ | コメントをどうぞ

カリマ

6月6〜8日

ドンゴラを出発してカリマへ。相変わらずミニバスの移動はしんどい。汗がだらだら。笑 到着してまずは滞在登録をしにセキュリティーオフィスへ。スーダンは各都市でこういうことしないといけないから、かなりめんどくさい。IMG_5002

スーダンの中ではけっこう大きな街のはずなんだけど、かなり田舎のこの街。でもめっちゃ大きなサッカーコートがいくつもあって、高校生くらいの子が毎日夕方に試合してました。IMG_5039

ここも日中は暑すぎて外に出る気力も湧かなかったから、宿でダラダラ。夕方からは少し散歩がてら街をぶらぶらしたり。ここカリマには、スーダン唯一の世界遺産があるらしくて、行ってみました。歩いて30分くらいの、街の外れにあるピラミッド群。IMG_5001

一本道を進んでいくと、見えてきた大きな一枚岩。ピラミッドはこの岩の向こうです。最初はピラミッドまで歩こうと思ってたんだけど、暑いし疲れたから、この岩で終わり。笑 でもこの岩の頂上からの景色は最高でした!地元の人たちにとって神聖な岩らしくて、夕暮れ時にはたくさんの地元の人が集まってきます。IMG_5005

この岩の手前で遊んでた人懐っこいスーダンの子どもたち。IMG_5006

入り口で外国人だからと、なぜか入場料を請求され、渋々払っていざ一枚岩へ。近くで見るとけっこう高い。それにゴツゴツしてる。IMG_5015

足下に気をつけながら登っていきます。頂上近くはデカい岩ばっかりだし、砂もいっぱいあって、スリッピーでちょっと危ないです。IMG_5016

登っている途中で見た景色。砂漠の中を通るナイル川に沿って街が作られてます。そのおかげか、スーダンで断水になることは無かったなあ。IMG_5017

そして頂上へ。熱風がむわっと吹き付けてくる。汗だらだらで気持ち悪いはずなのに、それすらも心地良いと思えるようなキレイな景色が広がってました。IMG_5023

岩の上を歩いて向かい側まで行ってみると… 見えてきたピラミッド郡。あれ、小さい。。笑IMG_5034

こっち側には人がたくさんいて、岩に座って夕日を眺めていたり、友達と談笑したり。子どもたちは、はしゃぎながら砂の斜面を駆け下りてます。楽しそう。IMG_5028

このピラミッド郡、なんだかすごく良い味を出してました。個人的にはエジプトのピラミッドより好き。この一枚岩の上に座って見た夕日とピラミッドのあの光景は、目にしっかりと焼き付いてます。IMG_5024

 

ブログランキング参加中です!クリックお願いします♪
http://travel.blogmura.com/sekaiisshu/

カテゴリー: スーダン | コメントをどうぞ